胡蝶蘭の色

胡蝶蘭は、色がいくつかあり、それによって用いられるシーンも異なってきます。

まず、白い胡蝶蘭は結婚式、祝い、就任祝い、お悔やみなど、お祝いごとからお悔やみまで様々なシーンで用いられます。価格は鉢やラッピングにもよりますが、大輪白と呼ばれる胡蝶蘭になると、フォーマルな贈り物に使われることが多く、ゴージャスな見た目で高価なものもあります。白は、清純を表しており、上品さを感じさせることができます。また、その純白なイメージはウェディングにもピッタリなため、結婚祝いに贈る方も多いです。

次に、ピンクの胡蝶蘭も人気になっています。人気の理由は、そのかわいらしい見た目が女性への贈り物として適しているためです。また、非常に華やかな雰囲気もあるのも人気です。また、ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛しています」という花言葉があり、感謝の気持ちを伝えるのにはおすすめです。

最後に、黄色の胡蝶蘭は鮮やかで目にとまる色です。活発な印象を与えることができますので、新しい船出を祝うのにはピッタリです。開店祝いや、長寿祝いなど、仲の良い間柄の方へ贈るのに適しています。

このように、色によって、胡蝶蘭の印象はがらりと変わります。ギフトに考えている方は、色にも注目してみてください。